2008年07月12日

【石けんレシピ4】ギー・マルセイユ石けん

ビオのお店で見つけたギーを使って、マルセイユを作りました。

ギーを何と捉えるのか・・・オランダの石けんフォーラムで聞きました。バターか牛脂か・・・。しかし心配無用でした!けん化価が一緒なんです!

しかし・・・!私が持っている日本の本と、オランダのサイトにある数値に多少のずれが・・・。

「そんな時は低いほうを使ったほうがいいよ」とのアドバイスどおりに、低いほうで比較すると、それほど差がないことが分かりました。

ということで、レシピは本の通り。


オリーブオイル・・・458g
ココナッツオイル・・・112g
ギー・・・・・・・64g


精製水・・・250g
苛性ソーダ・・・83g

EO・・・レモンとオレンジ・・・各50滴

Marseille.jpg

ギーの融点が高いのか、なかなか溶けずあせりました。(^^;;

いつもの無精製のパームオイル(オレンジがかっている)を使っていない為、きれいなクリーム色!

レモンにオレンジで、夏向きのさわやか〜〜な香り。
ただし、レモンには光毒性があるといわれていますが、2%は使えるとの事。50滴・・・合わせても100滴なので、難なくクリア〜。




2008年6月28日切り分け
2008年7月26日出来上がり予定


 

posted by ニコラ at 04:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 石けん 作ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは^^
ギー、溶けにくいと言う事は
硬めの石けんに仕上がったのでしょうか?

石けんフォーラムで色々教えてもらえるのですね^^

↓の記事見ました〜!
色んな型を使った石けん楽しみにしてます♪
Posted by ノギス at 2008年07月13日 19:12
ノギス様
そうですね・・・、まだ使えないので、切ったときの感じだと、いつもよりしっかりとしていた感じです。今使っている普通のマルセイユ石けんと、どれくらいの差になるのか・・・とても楽しみなんです!

石けんフォーラムは、私の教科書ですね!皆さんの体験を教えていただいて、発見をすること、本に書いてあった「あること」の意味を理解するなど、なくてはならない存在です。

型には上手く流し込めず・・・大変なことに・・・。(^^;;
Posted by ニコラ at 2008年07月14日 04:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102683063
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。