2008年07月14日

【石けんレシピ5】カモミール・マルセイユ石けん

同じ市内に住む友人のところに遊びに行きました。1月に生まれた赤ちゃんが、ママの体質を多少受け継いでしまったのか、口の周りに酷い湿疹に乾燥。ママがアトピー体質ということで、妊娠中も大変だったんですよね。塗り薬もホルモンが入っているものは使えないので、強いお薬は使えず、長いこと痒みとの戦いだったとか。

生後6ヶ月の赤ちゃんの湿疹も、痒みがあるようだということで、塗り薬を処方されているとのこと。

我が家の長女・・・さっちゃんも、長いこと湿疹には悩まされ、生後1歳過ぎに酷い湿疹で、夜中にかきむしり、専門医のところで検査をしたら、アトピーとの診断。(ピーナッツに反応しているといわれました。)

幸いさっちゃんは、その時に貰った特殊な石けんと、くさ〜〜〜い湿布薬(作ってもらうのに2日くらい必要だった!)で、湿疹とはおさらば出来たのですが、現在進行形の、それも口もきけない赤ちゃんの湿疹ということで、助け舟を出すことに。

これも自分の勉強!(^^;;

持っている本を一生懸命に読んで、「カモミールが湿疹に効く」と言う欄を発見!ということで、我が家にあったカモミールティーで(ドライハーブを買いにいけなかったし・・・)、こ〜〜〜〜いカモミールティーを作りました。これを精製水の代わりに使うと良いと書いてあったので。(300ccの熱湯に対して、ティーバックを3個ほど使いました。)

これを一晩ほど置いて、じっくりとエキスが出てくれることを期待したんです。(ドライハーブじゃないから、それほど出るとは思わないのですが・・・)

そして翌日、いつものマルセイユ石けんの材料で、精製水をカモミールティーに変えて仕込みました〜。

プラス、ホホバオイルをスーパーファットととして入れたのですが・・・、かき混ぜている間にトロトロになってしまったので、入れてからまた暫く置くことになってしまいました。果たしてこれがどんな結果になるのか・・・私には謎です。(^^;;

Kamomille.jpg
これもいつものように、無精製のパームオイルを使っているので、オレンジ色です〜。

オプションで、もう少し香りを少しつけようとカモミールのEO(5%)を30滴ほど入れましたが、あまり感じません・・・。



2008年7月4日切り分け
2008年7月31日出来上がり予定



まずは自分が、ホホバオイルをどれだけ感じられるか、体感したいです。(^^;;


 


posted by ニコラ at 04:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 石けん 作ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

カモミールティー
Excerpt: カモミールティーの効能と作り方の解説
Weblog: noncolle
Tracked: 2008-07-14 07:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。